お客様の夢を叶える、注文住宅専門店”絆家”

spec

絆家の仕様

きずなやの外断熱・基礎断熱について

ゲンシンパッキン「UFO-E」

建物の揺れを半分に抑える「減震装置」

UFO-E(ユーフォーイー)は、土台の下で地震エネルギーを減震する絶縁工法です。100個前後の「W摩擦板」が荷重を分担しながら少しづつ動いて歪摩擦・静止摩擦のWブレーキが作用し、300〜800galの加速度を減震。大型地震対策に最適です。

「UFO-E」3つの特長
  • 大型地震の揺れを半分にまで減震する実力!

    阪神淡路大震災クラスの800galの大型地震を300~400galにまで減震します。

  • “摩擦減震”ならではの安心

    倒壊の危険をまねく偏芯、バラバラ共振が起こりません。
    偏った補強による柱脚破壊などの心配もありません。

  • 特別な知識もノウハウも不要です

    設計変更、設備の変更も不要、役所への届出も施工も普通の基礎パッキン
    並みに簡単です。設置間隔がバラバラでも効果が変わらないので、難しい
    計算なしで簡単に設置できます。

標準仕様外張り断熱(遮熱)工法

柱・梁などの構造材の外側にボード系の発泡断熱材を貼り付けていく工法です。

繊維系断熱材と比較すると、透湿抵抗が大きく(水蒸気を通しにくいという意味)給水量が小さい(水蒸気や水を吸いにくい)ため、壁内結露の心配もほとんどありません。

最大のメリットは

断熱・遮熱材を隙間なく連続して施工できることで、熱橋部分が出来ないことで壁内結露を防止し、建物の寿命を長く保つことができます。

標準仕様土台と柱にヒノキを使用

絆家の家の土台と柱には標準でヒノキを使用

耐水性・耐久性に富み、強度が高く、光沢がある木肌の白さと独特の香りが人気で、ヒノキにはリラックスを促す成分(ヒノキチオール)が含まれており、白蟻などの防虫効果もあります。

白蟻被害が出やすい土台には集成材を使用しません。

CONTACT

0120-939-269

電話受付時間 9:00~18:00 火水休み

ページの先頭へ